輪島土蔵再生

2007年能登半島沖地震により多くの土蔵が被害を受けた。
元々、地震の少ない地域だったのでその被害とても大きなものでした。

当初から我々建築士会の仲間が関わっており、今日までの活動を紹介してもらいます。

IMG_4702 (314x236)

石川県建築士会の表さん。

この活動の素晴らしいところは、市民が中心となり、土蔵を残していこうとの活動。
学生、市民を巻き込んだセミナーを開催し、土蔵をどのように修復していくか、
また、今後どのように活用していくか、を決定。
全国の左官、大工等技術者のへ技術研修の場としてのボランティアの招集。
材料費のみ家主に出していただき、後は費用は補助金、”土蔵へどうぞ”と銘うったファンドを設立。
一口3万円で 出資者には3万円相当の輪島の特産品を贈与するもの。
特産品は生産者から原価にて分けて頂き、差額がファンドの収入となります。

素晴らしいですね!

IMG_4703 (314x236)

我々メンバーも刺激になりました。

IMG_4695 (314x236)

修復した土蔵を見学。

IMG_4699 (236x314)

学生さんがデザインした竈。
左官さんの技術が光ります。

IMG_4707 (314x236)

輪島の町並み。

IMG_4708 (314x236)

町屋らしく 美しいですね。

IMG_4711 (314x236)

歴史のある建物。

IMG_4712 (314x236)

上手に修復されています。

今後もこの街並みを大切にしてほしいですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください