金沢職人大学 視察

金沢にある 職人大学校を視察させて頂きました。

 

職人さんを対象とした学校で、

石工科、瓦科、左官科、造園科、大工科

畳科、建具科、板金科、表具科 の 9科があります。

 

20年前から受講料はすべて無料。 金沢市の税金で運営されています。

 

昼間の見学でしたが、造園科の学生さんたちがたまたま作業をしていました。

 

左官科の作業場。

瓦科の作業場

建具科の作業場

板金科の作業場

表具科では講師の先生が詳しく説明頂けました。

石工科の作業場

大工科の作品。

素晴らしです。

職人の育成、技術の伝承は設計の仕事をしていて、何とかしなければいけないと常に考えてました。

20年前からこのような学校があった事への金沢市の市政、また金沢市民の技術、芸術、芸能への関心の高さへ

感激致しました。

建設王国の岐阜県は 土木、建設への公共事業中心に予算をつぎ込み

観光、文化へは投資してきませんでした。

ここに来て地方ごとの差が出始めて来ましたね。

観光資源が乏しいと言われる岐阜市。

埋もれている物が まだまだ沢山あるんですけどねー。

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください