松井設計室はどのようにしてローコストを実現しているのか

ハウスメーカーや工務店と大きく違うところは、事前に詳細な設計図面を完成させそれを基に複数の施工会社に見積依頼をします。

詳細な図面から積算作業をする事で、構造材料1本からの詳細な見積書の作成が可能になります。

つまり、これまで余分に見がちであった金額は、余計なものが除かれ、その建物に本当に必要な材料の金額となり、金額が下がることになります。

また見積書の項目を徹底的にチェックすることと、過去の実績から適正価格をはじきだすことにより無駄が排除されます。

そして適正に現場監理を行う事で建物の品質も確保され、スムーズな工事を可能にします。