突板の世界

松井設計室では、床材、天井材等、建物に関してはすべて無垢材を使用しています。

いかし、造作家具に関しては、突板と呼ばれる材料で造ることが多いです。
突板とは、天然木を薄くスライスした材を合板に貼り付けた物で、無垢材よりはかなり安価となりますが、見た目は天然木です。

今回、造作材の突板を選びに工場へ伺いました。

IMG_8742 (314x209)

工場のキッチン。
突板貼です。 目がはっきりしている物は横貼も良いですね。

IMG_8744 (314x209)

工場には大きなプレス機が。

IMG_8745 (314x209)

天然木のスライスしたもの、 これを並べて貼っていくんですね。

IMG_8747 (314x209)

幅広の材料も。

IMG_8748 (314x209)

この山の中から 選びます。
お宝の山ですね。

IMG_8749 (314x209)

感じの良い物を発見。

サンプルの薄板を頂きましたので、板に張り付け塗装してみます。
サンプルが出来上がるのが楽しみです。

突板の奥深さをに触れた一日でありました。
価格以外にも、突板の魅力は大きいです。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください