はじめての潮干狩り

先日、潮干狩りに行ってきました。
子供たちにとっては初めての体験。
Ottoも私も10年ぶり?な潮干狩りで行く前から楽しみにしていました。

無料の駐車場に車を停めて、入場料大人1000円、小学生800円、幼児は無料。
幼児以外は指定の袋をもらい、これに入る分がお持ち帰りできるとのこと。

水浸し、砂だらけになることを覚悟して、子供たちには水着を着せ、その上から長袖Tシャツと短パン。
私もボードパンツとラッシュガードを着用し、首周りにはタオルで日焼け対策。
持参したバケツと熊手をもち、海岸へゴー。

長女

とりあえず適当な場所で探してみることに。
アサリのほか、バカ貝、やどかり、蟹などが出てきて子供たちは大喜び。
しばらく採取したところでOttoはポイントを探すために場所を移動。

次女

次女がだんだん飽きてきて水遊びを始めた頃、Ottoがオススメポイントを見つけてきました。

潮干狩り

夢中で採取してけっこうな量になったので、袋に入る分を選別していたら・・・
袋の容量が思った以上にありました。
少し選別しただけで3つの袋いっぱいになるくらいに。

潮が満ちてきたので、駐車場に戻り、砂で汚れた体を水道水であらい、
タンクから出る海水をペットボトルにつめてアサリと一緒にお持ち帰り。
海から海水を汲まなくても、タンクに入っているなんて楽ちんだなあ〜。

まるは食堂

終わったとたん、子供たちがオナカがすいた!と大騒ぎになったので豊浜にある「魚ひろば」へ。
行ったものの・・・ちょっと寂しい雰囲気。
すこしお土産を見て、大人気の「まるは食堂 本店」へ。

今や中部国際空港や、栄ラシックにも店舗がある超有名なお店。
さすがに人でいっぱい!
1階のテーブル席、2階の座敷がありますが、2階の個室へ。(ただし山側で海は見れず)

メニュー

メニューを見ると空港やラシックには手頃価格の定食があるのに本店はコースと一品料理しかない様子。
海鮮丼をガッツリ食べたい気分だったのでちょっと残念。
2000円と、2500円のコースを注文。

しゃこ

まずはシャコの塩ゆで。
初めて食べました。
見た目同様、エビの食感とよく似てますね。

お刺身

お刺身。
量が少ない?って思いましたが、食べてみたらプリプリ!
この写真は撮影前に長女が食べ始めてしまいまして・・・汚い画像ですみません。

煮魚

煮魚。(2000円コースのみ)
身はふんわり、いい感じに甘辛い。
Ottoが煮魚嫌いなので自宅で食べる機会が少ないので私は嬉しい。

海老

海老塩焼き。(2500円コースのみ)

塩焼き

魚塩焼き(2500円コースのみ)
Ottoが一番気に入った塩焼き。
シンプルが一番。

わたり蟹

わたり蟹(2500円コースのみ)
小さめのわたり蟹って、食べる部分が少ないですよね〜。
私が食べるのがヘタなのかしら?
でもミソは濃厚!

エビフライ

海老フライ(1500円コース2本、2000円コース1本)
まるは食堂名物の海老フライ。
さすがに大きくて、食べごたえ有り!

ご飯とお味噌汁

おなかが満たされて大満足。
お会計のレジで子供たちは海老煎餅をもらいました。

うめの湯

こちらは宿泊施設がありますが、日帰り温泉も利用可能です。
海で汚れた体をサッパリ洗い流したい気分になりつつも次へ移動。

えび煎餅の里

むかった先は「えびせんべいの里」
工場見学と、いろんな種類の煎餅を試食できます。
試食を楽しんで無料のお茶をいただいて、最後にお土産を購入し、帰路。

あさり

3時前には帰宅したので、まずはアサリの砂だし。
シャワーを浴びて後片付けをして、アサリの様子を見てみると・・・吹いてます。
めでたく夕飯に間に合い、たっぷりのアサリ汁をいただくことができました。

しっかり砂だしができた残りのアサリは殻をあらってジップロックに入れ、冷凍庫へ。
明日は大好きなクラムチャウダーにしようかな?
それともボンゴレパスタ?
どちらも美味しいそうです♫

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください