平田の平屋 浴槽断熱処理

平田の平屋はユニットバスを使わず、在来工法にて浴室を造ります。

在来浴室は何棟か施工していますが、現在の技術と知恵で施工すれば、とても暖かく漏水もありません。
しかし、掃除、メンテナンスはユニットバスに軍配が上がります。

そこを理解頂ける方にしか在来浴室はお勧めしません。
雰囲気は断然在来浴室が良いですけどね。

浴槽をメーカー問わず選べるのも在来浴室のメリット。

今回はヨーロッパのメーカーでホーロー製の浴槽を選び増した。
ホーローは金属にガラス質を焼き付けた物で、鍋などに使われています。
日本のメーカーは樹脂かFRPが主流ですのでチープ感がありますが
ホーローは高級感があり東京の☆5ホテルでもこのメーカーが採用されています。

しかしながら、日本人には重要な”断熱”は一切考えてありません。
松井自ら断熱施工します。

用意したウレタンフォームでは足りず急遽ホームセンターへ。
一部色が違いますが、見える場所ではないのでOKとしましょう。

これで長風呂していただいても冷める事は無いでしょう。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください