船頭平閈門(小パナマ運河)

街づくりの参考に愛西市の観光船の視察です。

img_6366-314x236

愛西市葛木港 廻りは何もありません。

img_6372-314x236

目的は 愛知の小パナマ運河と呼ばれる港門。
木曽川から出発です。

img_6376-314x236

港門内部。
ここで木曽川と長良川の水位調整を行います。
すぐ下流で海に繋がっているのに、水位差が2m近く有るとは驚きです。
(濡れている部分が水位差)

img_6386-314x236

港門を抜け長良川へ。

img_6390-314x236

坑門の様子。
きれいに整備されています。

img_6389-314x236

門は片側2重構造となっています。

img_6397-314x236

明治時代にオランダの技術者を呼んで造らせた物が現在も使われているそうです。
ぜんぜん知りませんでした。もっとPRすれば良いのにね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください